ファスナーに噛まれた。

7月になりました。ぼくの中で6月は何だかあっという間に終わってしまいました。

 

このブログを始めたこともそうですが、4月に帰国してからというもの色々なことにチャレンジしてきました。その中で出来るだけトロンボーンの練習時間を捻出しなといけないしもっと時間がほしいものです。あともっと要領の良く物事が出来るといいんですけど…。

 

最近Twitterで見た仕事ができる人の12だったかいくつだったかの法則みたいなやつの中に「マルチタスキングをしない」というのがあったのですが、実際のところ自分はちょっと最近色々とマルチにタスキングしすぎて、いつも何かに追われてどこか落ち着かないような感じでいます。色々やるのもいいですが、確かにもっと優先順位を明確にして「今一番すべきこと」がブレないように気をつけないといけないのもしれません。反省です。

 

話は変わりますが最近、本番のときにいつも着ていた黒シャツを楽器ケースのファスナーに激しく噛ませてしまい、一着ダメにしてしまいました。

本番の後だったから良かったのですが、どうやってもビクともせず、楽器にシャツをぶら下げたまま外を歩くわけにもいかないのでとりあえずGoogle先生の力で「ファスナー 噛んだ」と検察しようとしたら「ファスナー 噛んだ マイナスドライバー」というのがでてきて、これだと思って見てみると噛んじゃった服はマイナスドライバーがあれば簡単に取れるという、正にその時のぼくの為だけに用意してくれたような情報を見つけました。さすが先生です。

 

それでマイナスドライバーを借りられたのでファスナーの回りをほじほじしたのですが、いっこうに取れる気配がなくて、普段は温厚なぼくですがこのときばかりは我を忘れて激しくほじくり回していました。それで最終的には取れたは取れたのですが…

この様にボロボロになってしまいました。これはさすがにもう人前では着られないので、ゴミ箱の方に直行してもらいました。安物でしたが、イギリスで買ったちょっとお気に入りのシャツだったのでショックです。

 

もはや日常の至る所に使われているこの便利な「ファスナー」、ときに牙を剥き深く噛み付いてくることがあるので皆様もどうかお気を付け下さい。「ウチのファスナーに限っては大丈夫」と高を括っているアナタ、気をつけた方がいいかもしれません。

そしてぼくは失敗しましたが、マイナスドライバーで初めから丁寧に対処すれば綺麗に取ることができるそうなので。どうか落ち着いて冷静な判断でもって行動して下さい。テンパるとぼくの様になります。

 

では皆様もファスナーとマルチタスキングのしすぎに気を付けて、よい週末を!

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ひろ (金曜日, 02 8月 2013 14:01)

    俺が書いたらさ、世間ってせまいな~ってなるな。